2016年06月01日

KX2の保証認定が通過 新スプリアス基準に対するTSSの見解を解説

KX2保証認定を通過

エレクラフト社の新型超小型トランシーバKX2のデモ機がEDC向けに出荷されました。
同時進行で、個人局JA8CCLの無線設備の1台としてKX2の追を変更申請すべくTSSに保証認定の書類を作成し、送付してありました。  KX2の送信機系統図は回路図を解析して作成しましたが内容はほぼKX3と同じでした。 又5MHzの発射ができない証明書をEDCが発行して添付したので、この関門も無事通過しました。 今朝確認を取った処、変更申請の保証は完了して、変更申請書はすでに北海道総合通信局に送付された事が確認できました。 変更申請が北海道総合通信局で受理されれば、KX2でオンエアする準備が完了します。 6月19日の茨城支部のハムの集に出展を予定しています。 それまでにKX2が到着する事を祈ります。

TSSの保証認定と新スプリアス基準 
今回の申請では何かと話題になっている新スプリアス基準についてTSSの見解を質問してみました。
TSSでは平成19年12月1日以降に保証認定を申請された無線機は、申請者が新スプリアス基準に適合している事を認識した上で保証認定の願いを提出しているとして、保証認定がそもそも実測を伴わない書類審査の制度であることから、申請の内容に新スプリアス基準に不適合な装置である事が記載されていない限り、保証認定を行い、認定された送信機は新スプリアス基準適合とみなされる、という方針であるとの回答を得ました。 
確かに無線局の無線局事項書及び工事設計書の中に 「法第3章に規定する条件に合致する」の項目にはチェック欄があってここにチェックを入れるのは申請者自身です。 (法第3章は無線設備に関する規定です。)
保証認定制度は認定を申請する人が、認定してもらいたい無線機の性能について唯一確かめる事のできうる立場にあって、保証されるべき機種であるという確信によりTSSに保証認定の書類を作成し、「法第3章に規定する条件に合致する」の項目にはチェックして保証を申請しているのであるから、TSSは申請された書面により認定業務を行っているという事です。 機器の性能に関する許認可について申請者と保証認定業者以外の第三者が介入する余地のない制度です。 スプリアス基準に適合しているか否かは制度上は申請者自身の判断にゆだねられているので、新スプリアス基準に適合するかしないかを判断するの第三者機関ではなくはあくまで申請者だと言う事です。 第三者機関による何らかの測定や判定があったとしても、それにより新スプリアス基準の適合の可否を決めるのは第三者機関ではなくあくまでも申請者であるという事になります。 今後保証認定業務の制度が存続する限りこの見解に沿えば自作機種についても新スプリアス基準による許認可が可能である事の合理的な説明ではないかと思います。
測定の能力を持たないアマチュアでも例えばヨーロッパのECの基準を満足しているといった明確で具体的な証拠によって申請者が確信も持って保証認定を申請すればよい事になります。 TSSの新スプリアス基準に対す考え方は総務省の確認も得ているとの事なので、ECの認定をクリアしている機種などは安心して保証認定を申請し、継続的に使用が可能と思います。 また古い真空管のリグなどでもローパスフィルターなどを接続して、出力は新スプリアス基準を満足している事を自らら測定して、送信機系統図にローパスフィルターを追加して申請する事で新スプリアス基準をクリアする道が開かれているように思えます。 
また申請者が技術的につたなく、新スプリアス基準に適合しない機種を誤って新スプリアス基準値適合と思って申請し運用した場合でも、スプリアスで実害が発生すれば、電波法に規定により申請者が電波の発射を停止するとか、その無線機を撤去の変更申請をして撤去すればよいのです。
免許制度がアメリカのように包括免許である事が望ましい事は言うまでもありませんが、保証認定制度は、保証を申請する人は国家が定めた試験に合格した電気的にも法的にも知識を持った人が誠実に申請を行う事を前提に、アマチュア無線の通信に自作機やビンテージな無線機の使用の自由を認める書類審査制度であるので、この制度を壊す事無く大切にしたいと思います。     
                               エレクトロデザイン株式会社 木下重博
posted by 木下重博 JA8CCL at 11:51| Comment(16) | TrackBack(1) | ニュース