2016年04月05日

最大16.5mのグラスファイバーポールと収納時63cmの6mポールを発売開始

移動用グラスファーバーポールシステム
最初にお届けするニュースは最大16.5mの長さを実現したCGアンテナ社のグラスファイバーポールです。 6mから16.5mと幅広いラインナップとなりました。
 CGアンテナ社は移動用の各種グラスポールを発売して来ましたが、もっと長いポールをという要望に応えて1mのGP-EXTと GP-ADPを使った10mのポールGP-10を1m単位で最大6.5mまで延長するポールを開発しました。 最初の一段は接合部の強度を保つためにGP-10、GP-ADP、GP-EXTが3重に重なるように設計されているので、チューブのオーバーラップのために延長される長さが半分になります。 GP-EXTは一本が約1mのグラスファイバーポールで鉛筆のキャップを重ねるように段々と重ねて最大7本で約6.5mの延長ができます。 GP-EXTの先端にはGP-ADPを中継のパイプとして使い、その上部に10mのGP-10を接合する事ができます。 GP-EXTを7本とGP-10を組み合わせると最大16.5mのグラスファイバーポールとなります。 グラスファイバーポールは移動運用なので固定で長期間使用できる耐風速能力はありません。 このシリーズの登場で従来の12mポールNP-12は廃品種となりました。
GP-ADP Fig1.jpg
GP-EXTは直径約50mmで簡易のポータブルマストとして単独でも使用でき、上部に軽量な八木アンテナ程度を搭載する事ができます。 アンテナの性能を100%引き出す絶縁物のマストとしては貴重な存在となるでしょう。
GP-ADP Fig2.jpg
接合部写真文字入り.jpg

小型6m移動用ポール SP-6
 SP-6は6mのグラスファイバーポールですが、パイプの先端の外径は6.5oあり、釣り竿ではなくアンテナのポールとして設計されたものでGP-10の先端と同様の強度を持っています。 従来のグラスファイバーポールは仕舞寸法(畳んだ時の長さ)が1.1m程度あり、旅行カバンには収納できませんでしたが、SP-6は仕舞寸法がわずか63cm、重量も800gと軽量です。 旅行用の釣り竿アンテナとしては最適なグラスファイバーポールです。 SP-6の登場で、従来品の6mのグラスファイバーポールNP-6も廃品種となりました。
CG アンテナ社のグラスファイバーポールシステムは6mから16.5mまでを下記のラインでカバーします。 又SP-6は2本組み合わせて14MHzのフルサイズのデルタループアンテナのスプレッダとして使用する事もできます。

仕様 価格は税抜きで以下の通りです。 送料は1000円です。

品名 公称長さ 仕舞寸法 元口直径 先端直径 重さ 定価(円)
SP-6    6m   0.63m 38.4mm  6.5mm  0.8Kg  5,700
NP-8    8m   1.15m 39.0mm  2.0mm  0.9Kg  3,800
GP-10   10m  1.16m  45.8mm  10.6mm  1.7Kg  9,000
GP-EXT   1m   1.12m 56.2mm  50.8mm  0.7Kg  3,600
GP-ADP       0.50m 56.8mm  51.3mm  0.3Kg  2,400
posted by 木下重博 JA8CCL at 12:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
7MHzダイポールの支柱用にグラスファイバー
ポール SP-6に興味があります。

どなたかがブログ等で紹介していれば
記事を見て自分の使用用途で問題ないか
確認出来るのですが検索しても出て来ないので
わかりません。

実物を見たいのですが見れる所はありますか?
Posted by ちゅうさん at 2016年04月18日 17:45
まだ発売して間もないのであまり流通していません。 販売店にも展示はしていないと思いますので、見たい場合は当社までお越しください。 収納時にこれだけ短くなるグラスポールはなかなか無いと思います。
Posted by EDC at 2016年05月18日 13:35
NP-8は8mの長さで安価ですが、強度的にはどうでしょうか?SP-6が有利でしょうか?当方、仕舞寸法は大きくてもかまわないので。
Posted by りゅう at 2018年01月25日 13:59
NP-8は先端の直径は2-3oでほとんど釣り竿と同じ構造です。 そのために安価になっています。普通のビニール線を吊り上げる事には利用できますがそれ以上の強度はありません。 SP-6やGP-10は釣り竿の先端を取り除いたような感じで先端まである程度の強度があります。
但し、固定局ように恒久的に使用するポールとしての強度はありません、あくまで移動運用用とお考え下さい。
Posted by EDC at 2018年01月25日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174771595

この記事へのトラックバック