2016年04月15日

エレクラフト社が新製品 K・Podと200Hzのクリスタルフィルタを発表

エレクラフト社からK3関係の新製品が2点発表されました。
製品は今週末行われる2016年国際DXコンベンションの会場で発表されます。

K・Podコントロール
K.・PodコントローラはK3またはK3sに接続してK3のフロントパネルの一部の機能を手元で制御するコントローラです。 
パソコンのキーボードのそばなどにおいて、リグ本体に手を伸ばさなくても、ログやクラスタ、デジタル通信の操作をしながらすばやくVFOやRITなどを制御する事ができます。 
K-Pod全面
大型ダイアル
コントローラの中央には大型のダイアルがありVFO A,VFO B、RITのつまみとしてスイッチで切り替えて使用できます。

8個のマクロ定義可能なボタン
またつまみの周囲には8個のボタンがあり、それぞれのボタンにK3/K3sの特定のボタンの機能を定義して使用できる他、それぞれのボタンには単独の機能だけでなくマクロ設定機能を使って連続した一連のボタン操作を定義する事ができます。 K3/K3sにはマクロまで2個の定義可能なボタンが2個ありますが、K・Podコントローラと合わせて10個のボタンが使えるようになります。ボタンはタップ(短押し)、ホールド(長押し)で別の機能を設定できるので、合計16種類のボタン操作をワンタッチで行えます。
K-Pod背面
汎用出力
K・Podコントローラには3回路の汎用出力があり、外部機器の制御に使用可能です。
ボタンの機能の設定は背面にあるUSBコネクタを経由して、パソコンから専用のユーティリティーソフトを
使って設定します。  販売価格は$249.95 すでに予約受付を開始しました。
 出荷は2ケ月後を予定しています。
詳細情報は  http://www.elecraft.com/k-pod/k-pod.htm


KFL3C-200
KFL3C-200はK3/K3s用の200Hz帯域の6ポール・クリスタルフィルターです。 従来はKFL3A-200の5ポールのフィルターがCW用としてあったのですが、廃品種となっていました。 今回ポール数を1個増やして従来製品
よりさらに切れを良くして再登場しました。 微弱なCWとの交信や狭帯域デジタルの運用に最適です。
価格は$129.95です。 受注を開始しました。
posted by 木下重博 JA8CCL at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174912729

この記事へのトラックバック