2016年05月18日

世界最後のSST-20完成

タイトルはいささか大げさですが、ウィルドネスラジオ社のSSTシリーズの販売が終了してだいぶたちます。
幸いというか、エレクトロデザインにはまだSSTの流通在庫があり、本家の米国から引き合いが来たりしています。 現在SST-40とSST-30 はまだ在庫が少しありますが、最近SST-20 の最後の一台が売れてしまい。ついに在庫がゼロとなりました。 SST-20ご愛顧の皆様に感謝します。
SSTシリーズは小学生でも作れますといったフレーズで販売していますが、個人的にはQRP機の傑作中の傑作ではないかと思っています。 たった50個程度の部品で受信部はクリスタルフィルター付きのシングルコンバージョン受信機、AFのAGCとは言えAGCもあり、送信のサイドトーンも聞こえて、受信の信号強度に応じてLEDが光、調整箇所は受信1箇所、送信1箇所の合計2個のトリマしかありません。 調整もしやすく、キットとしての再現性も極めて高く、部品の定数を変更しなければ性能が出ないといった事はありませんでした。 受信範囲が狭い事を除けば受信の感度も回路が簡単な割には驚くほど高く、選択度も十分あり、内部雑音はとても少なく、K2,K3などの生みの親、N6KRの設計による最高傑作ではないかと思います。
最後を飾るSST-20ですが、写真の通り、コイルの巻き方、半田付け、どれを取っても100点満点の出来栄えで、動作確認に一旦EDCに送られましたが、記念撮影をして返送となりました。 SSTに関してはあとで詳しくブログに書きたいと思っていましたが、とりあえずSST-20のファイナルの一台を記念に掲載させていただきました。
SST20Final2.JPG
SST20Final1.JPG
posted by 木下重博 JA8CCL at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルドネスラジオ